長くご愛用いただくために

1.新しいタオルは必ず洗濯しましょう

買ったばかりのタオルにはホコリや毛羽が付いているので、ご使用前に 数回洗濯して取り除きましょう。洗濯機の中でタオルを泳がせるくらいの水量で洗うのが理想。洗濯機まかせではなく、洗濯物の体積に見合った水量に調整しましょう。

2.柔軟剤は、タオルの硬さが気になる時だけ

柔軟剤にはタオルの繊維そのものを柔らかくする性質があり、毛羽(タオルの糸くず)が大量に発生してしまったり、素材によっては水を吸いにくくなったりする場合もあります。タオルの硬さが気になる時にだけ、柔軟剤をお使いください。

3.干す前にパタパタ風になじませるように振りましょう

パイルのほぐし方は、タオルを広げるか2つ折りにして、少し強めに10〜20回、ぱんぱんと振るのがポイント。くっついて寝ていたパイルが、空気を通すことによって離れて立ち上がり、洗濯前に近い風合いに干し上がります。

※乾燥機を使って乾かすとふわふわになりますが、高熱によりタオルが傷みやすくなります。

4.パイルが飛び出した場合は根本付近をすぐカット!

洗濯してパイルが飛び出した場合は すぐにはさみでカットするのがおすすめ。パイルは複雑に絡み合った3本の糸で構成されているので、1本 2本切っても問題ありません。また、パイルが飛び出したまま放置するとその飛び出した部分が他の糸に影響する場合があるので、パイルが飛び出した場合はすぐカットしてください。